結婚式に行く友人が、ドレスの作法について調べていました

もうすぐ友人が、初めての結婚式に出席するというので緊張しています。その前に、着ていくドレスを選ばなければと、ネットでいろいろ調べていました。というのは、結婚式や披露宴に参列する際は、着ていく服にもマナーがあるのだそうです。

たとえば、昼のお式の場合には、アフタヌーンタイプのワンピースや、スーツなどがいいそうです。また、それに準じたタイプのものならOKです。アフタヌーンタイプのものというのは、デコルテや肩をあまり出さないタイプのものです。もし、袖がついていないワンピースなどを着る場合、ショールなどを羽織ればOKな場合もあり、日本の結婚式ではこういうファッションもよく見られます。ただしこれは、あまり正式だとはいえないそうなので、海外の方から見ると不自然だと思われることもあるようです。もし、参列者の方に海外の方が多いお式だったり、年配の方が多いような場合には、袖のあるものが無難なのかもしれません。袖があれば、ワンピースでもツーピースでもいいようです。アンサンブルタイプのものもあります。好みや季節によって選ぶと良いと思います。注意することは、丈が短すぎないことです。

ひざの下あたりか、ふくらはぎが隠れるくらいだそうです。かなりおとなしいタイプの服装と言えるでしょう。薄いピンクなど、明るいものがおすすめだそうです。アクセサリーもマナーがあって、真珠などのシックなものをつけます。あまりキラキラしたアクセサリーは避けた方がいいようです。夜のお式の場合には、ちょっとゴージャスなイブニングタイプが一般的です。昼のアフタヌーンタイプのものが、実用的でかっちりとしたものであるのに対し、イブニングタイプのものはより優雅で、華やかです。生地もサテンやベルベットなどのつやのあるもので、背中が大きく開いているスタイルが正式なようです。ただし日本の一般的な披露宴では、カクテルタイプのラフなものが好まれます。平服で、などと指定されていたら、このような服装がいいようです。裾の長いゴージャスなものなどは、逆に浮いてしまうおそれがあります。いずれにせよ主役は花嫁さんと花婿さんですから、控えめなものを選びましょう。薄いピンクなどがやはり無難だと思います。その分、多少アクセサリーでキラキラと華やかさをプラスするといいと思います。また、ヒールのない靴はマナー違反なのだそうです。3センチ以上のヒールを用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です