友人のウエディングドレス姿に憧れた

最後にお付き合いしていた人とお別れをしてから5年も経っていた私は、恋愛というものに全く縁のない生活を送っていました。私が最後にお付き合いをしていたのは、高校3年生のときのことで、それから女子大に進学をした私は、まるまる4年間、男の人と関わる機会を持つことがなく、恋人はおろか、好きな人でさえもいませんでした。私は大学を卒業してから、保育士という職に就いたため、職場でも男性はほとんどおらず、結局23歳になる今までずっと、かれこれ5年間恋愛をしてきませんでした。そんな私は、いつしか結婚というものに憧れの気持ちを抱くことがなくなり、恋愛に関して全くの無関心になっていました。

仕事も充実していて、友人もたくさんいて、これはこれで結婚をしなくても、十分に幸せな人生を送っていくことができると思っていたのです。

しかし、こういった私の考えを大きくひっくり返す出来事が起こりました。それは、友人の結婚式に出席させてもらったときのことです。友人は小さなチャペルで結婚式を行ったのですが、その友人のウエディングドレス姿を見た瞬間、私の心の中に熱くなるものがありました。それは、昔から自分が思い描いていた結婚式と、全く同じものだったからです。私は学生のとき、自分の結婚式は小さなチャペルで挙げたいなと思っていて、そこでは純白のウエディングドレスを着た自分がいることをイメージしていました。私は友人のウエディングドレス姿を見た瞬間、そういった自分の憧れの気持ちを思い出し、まだまだ結婚を諦めたくないと思い直しました。といっても、職場に男の人がいないのには変わりなく、また、休みの日も少なくて遊ぶ時間もないことから、婚活のサイトを利用するようになりました。ここでは、プロフィールを登録しているだけでも、私を見てくれた人からメッセージが届くことがあり、時間のない私でも自然にメールのやり取りによって、交流を広げていくことができました。私はこのプロフィールに、ウエディングドレスに持っている憧れを書き込み、結婚への意欲を持っているということをアピールしています。もちろん、ウエディングドレスを着て結婚式を挙げることができれば誰でもいいというわけではありませんが、友人のウエディングドレス姿が、結婚したいという気持ちのきっかけになったことは確かです。私も友人のように素敵な男性にめぐり逢い、幸せな花嫁さんになることができればいいなと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です